toggle

乳がんの「ゲノム医療」に貢献 – 共同リリースいたします。

新領域:乳がんの「ゲノム医療」に貢献 -日本人遺伝性乳がんの病的バリアントデータベースを構築-理化学研究所などの国際共同研究グループが、乳がんの原因とされる11遺伝子について、日本人遺伝性乳がんの「病的バリアント」データベースを構築しました。

本研究は、英国のオンライン科学雑誌『Nature Communications』(10月4日づけ:日本時間10月4日)に掲載されました。

本研究グループには、当院より田村智英子が参加しておりますので、本件につきここにリリースさせていただきます。

http://www.riken.jp/pr/press/2018/20181015_1/

 

ページ上部へ