当院について

FMC東京クリニックとは

胎児の検査・診断と遺伝相談の専門クリニックです

FMC東京クリニックは九段下と飯田橋のちょうど間あたりにある、胎児の検査・診断と遺伝相談の専門クリニックです。

胎児の検査・診断や遺伝相談という言葉はちょっと珍しいかもしれませんね。

私たちがやっていることを出来るだけ簡単に説明すると、こうなります。

このような方にこのような医療を提供しています
これから妊娠を考えている女性、そのパートナー遺伝によって妊娠が上手くいかないかもしれない、年齢などの問題で染色体の異常がおきやすいかもしれないといった不安について、検査や遺伝カウンセリングをしています。
妊娠中の女性、そのパートナー妊娠について、胎児についてのあらゆるお悩みについて、色々な検査や遺伝カウンセリングをしています。
妊娠とは関係なく、遺伝や染色体について気になることがある方悪性腫瘍、神経難病、その他の遺伝病などの不安について、検査や遺伝カウンセリングをしています。
FMC東京クリニックがやっていること

もちろん、検査の方は他のクリニックで済ませているので、相談だけしたいという方も歓迎です。

また、FMC東京クリニックの遺伝カウンセリングは、相談に来られる方それぞれのお考えや意志を尊重しています。ですから、検査や遺伝カウンセリングの結果、どのような選択をされる場合でも、その選択が最善のものになるように全力で支援します。

※お一人でも、ご家族やパートナーの方とご一緒でも、来院いただけます。
(キッズルームの用意もございます)

※詳しい診療メニューと費用についてはこちらをご覧ください

FMC東京クリニックの歴史

順天堂大学医学部の先生からボストンとベルギー留学へ

当院院長の中村は、もともと医学部で学生さんたちを指導しながら、最前線の産科医として働いていました。産科医になったのが1986年で、順天堂大学医学部の先生になったのは1988年です。

21年間そこで先生をやって助教授(今で言う准教授)まで昇進しましたが、2009年、中村は胎児の診断と治療について欧米の最先端の技術を身に着けたいと思いたち、日本を飛び出してしまいました。

最初はボストンにあるボストン小児病院で、翌年はベルギーのルーヴェンという町にあるルーヴェン・カトリック大学医学部で研究と研鑽を積みました。

どちらも日本ではあまり知られていないのですが、ボストン小児科病院は1869年創設のアメリカ最大の小児科病院、ルーヴェン・カトリック大学は1425年に建学したという、カトリック系の大学としては世界一古いところです。1425年というと日本はまだ室町時代ですね。そんな頃からある大学で、今でも色々な大学ランキングで上位に入っているそうです。

2023年版のタイムズ・ハイアー・エデュケーション・ランキングでは総合で世界42位、医学部ランキングは世界で43位でした。

胎児診断を広めることの必要性に気づく

ボストンとルーヴェンで修行をした中村は2011年に日本に戻ってきて、湘南藤沢徳洲会病院というところで胎児の治療を専門に行うチームの立ち上げに関わりました。これは、お腹の中にいる状態の赤ちゃんの手術までやってしまうようなチームです。

中村はそこで2年間、チームづくりに奔走しました。この時の仲間たちとは今も繋がりがあります。

この時に気づいたのが、日本では胎児治療のチームのところにやってくる以前に、胎児治療が必要だということに気づいてもらえないままのケースが多いということでした。胎児診断の必要性に気づいたわけです。

こうして中村は2013年、神田淡路町で開院した胎児クリニック東京の院長となり、街中のクリニックでの精密な胎児診断に取り組むことになりました。遺伝カウンセリング部門の田村とは、この時以来ずっと二人三脚でやっています。

FMC東京クリニック開院

2015年、中村と田村は理想の胎児診断と遺伝カウンセリングを提供出来るクリニックを求めて胎児クリニック東京から独立し、九段下にFMC東京クリニックを開院しました。2022年10月からは念願のNIPTも検査ラインナップに加わり、ますます充実した胎児診断が可能となっています。

スタッフ一覧

FMC東京クリニックの医療スタッフは全員が産科や遺伝関連の各種の専門資格を取得している他、様々な専門学会に加入して最新の知識を入手したり、大学で教壇に立って後進を指導したり、医療専門コラムを執筆したりと活発に活動しています。

医師

当院の医師は全員がFetal Medicine Foundationの妊娠第1三半期超音波検査による染色体異常risk計算(Nuchal translucency, Nasal bone, Ductus venosus flow, Tricuspid flow)のライセンス保持者です(胎児心エコー外来の川瀧医師を除く)。

FMFの認定証
氏名資格・学位・学会活動・教育活動など
中村 靖臨床遺伝専門医・指導医
超音波専門医・指導医
産婦人科専門医
医学博士
日本人類遺伝学会評議員
日本産科婦人科遺伝診療学会代議員
山田 研二臨床遺伝専門医
超音波専門医
胎児心エコー認証医
産婦人科専門医
宋 美玄産婦人科専門医
医学博士
紀平 力臨床遺伝専門医
超音波専門医
周産期専門医(母体、胎児)
産婦人科専門医
帝京大学医学部産婦人科講師
金沢 誠司超音波専門医
産婦人科専門医
周産期専門医(母体・胎児)
医学博士
川瀧 元良日本胎児心臓病学会幹事
日本胎児治療学会幹事
胎児MRI研究会会長
神奈川胎児エコー研究会会長
恒松 由記子臨床遺伝専門医
小児科専門医
遺伝性腫瘍専門医
医学博士
順天堂大学医学部小児科学講座客員教授
FMC東京クリニック医師一覧

認定遺伝カウンセラー

氏名資格・学位・学会活動・教育活動など
田村 智英子認定遺伝カウンセラー(米国遺伝カウンセラー認定協議会
認定遺伝カウンセラー(日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会)
家族性腫瘍カウンセラー(日本遺伝性腫瘍学会)
薬剤師
第1種放射線取扱主任者
日本人類遺伝学会評議員
日本遺伝カウンセリング学会評議員
日本産科婦人科遺伝診療学会代議員
井原 千琴認定遺伝カウンセラー(日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会)
上智大学総合人間科学部講師
FMC東京クリニック所属 認定遺伝カウンセラー一覧

顧問・アドバイザー

最高顧問竹内 久彌順天堂大学名誉教授
特別顧問山田 美典公認会計士・税理士山田美典事務所
臨床アドバイザー佐藤 洋明自治医大さいたま医療センター・周産期母子医療センター
FMC東京クリニック顧問・アドバイザー一覧

 

院長・中村靖

東京都千代田区飯田橋1丁目3−2 曙杉館 2階

東西線・半蔵門線・都営新宿線 九段下駅7番出口より徒歩3分、3番出口エスカレーターより徒歩5分

総武線・東西線・有楽町線・南北線・大江戸線 飯田橋駅より徒歩8分

電話番号 03-3221-0333

管理者をフォローする
FMC東京クリニック