よくある質問

かかりつけの医師に、「胎児の首の後ろがむくんでいるからダウン症候群の可能性が高い」と言われました。どういうことなのでしょうか?

医師からは事前に検査についての説明はありましたか? それとも、突然そのようなことを言われたのでしょうか。いずれにしても、驚かれたことでしょう。

日本では、NT(胎児後頸部透亮像)の厚さが約3mm以上あると「むくんでいる」と表現され、ダウン症候群の可能性が「高い」と説明されることがしばしばあるようです。しかし、NTが3mmの場合、赤ちゃんに染色体異常がある確率は3~4%で、染色体異常のない子が産まれる確率の方が圧倒的に高いのです。ダウン症候群の可能性が「高い」というのは、あくまでも「NTが厚く見えない赤ちゃんと比べて」という意味で、「正常な染色体の赤ちゃんが産まれる可能性よりも高い」ということではありません。

また、NTと呼ばれる部分が厚くなる状況はいろいろな原因で起こりえますので、必ずしもダウン症候群のみと関連したものではありません。NTが一般的な厚さより厚いと気づくことでいろいろな胎児の病気を発見するきっかけになることはありますが、これ自体が病気というわけではありません。NTが5mmあっても、約50%の胎児には何の病気もないとされています。

当院では、正確なNT計測のためのライセンスを取得した医師が、適切な時期に計測を行います。単にNTを計測するだけではなく、胎児の他の部分も詳しく観察し、総合的に評価しますので、ぜひお問い合わせください。

いろいろな検査がありますが、私はどの検査を受ければ良いのでしょうか?

出生前検査の種類はいろいろあって、選択をお迷いになる事も多いことと存じます。


当院では、ご年齢やご家族の状況、これまでの妊娠歴、特に心配しておられることなどの情報を整理して、それぞれの方にあった選択ができるよう、「出生前検査お悩み相談」「遺伝カウンセリング」を承っております。ご相談ください。

NIPTはどこで受ければ良いですか?

NIPTは現在、正式に学会の認定を受けた施設のほかに、認定を受けずに検査を扱う施設が増加傾向にあります。検査を委託する検査会社によって多少の信頼性の違いがありますので、情報を詳しく知りたい方には、ご来院いただいてご説明します。
当院では、どこでお受けになった検査でも、その結果に応じた対応(解釈とその後の選択肢の提示)が可能です。検査結果について、おわかりにならないことがあれば、ぜひ当院にご相談ください。

他院で受けた検査で「陽性」判定が出ましたが、羊水検査はリスクが怖いので、超音波で見てもらいたいのですが。

超音波検査でほぼ判断が可能な場合もありますが、21トリソミー(ダウン症候群)の一部のものでは、超音波検査ではほとんど特徴がみつからない場合があります。確実な診断のためには、やはり羊水検査をお受けになることをお勧めします。
羊水検査は、一般の方々が心配しておられるほどリスクの高いものでもなければ、特別つらい検査でもありません。当院では検査手技に熟練した医師が検査を担当しており、安心してお受けいただけます。

NIPTで陽性が出ました。羊水検査の結果が出るまで待たなければなりませんか?

ほとんどの18トリソミーと13トリソミーは、妊娠初期の超音波検査で確認可能な複数の特徴を持っていますし、21トリソミーでもいくつかの特徴をみつけられるケースが多くあります。超音波検査で何らかの特徴がある場合には、絨毛検査でより早く確認する事も可能です。
当院の絨毛検査・羊水検査では、この3種のトリソミーについての検査結果は、1週間以内にお伝えする事が可能です。

初期の胎児検査を受ければ、中期の精密超音波検査は受けなくてもいいですか?

妊娠初期の検査で重大な問題は見つけることができますが、この頃の胎児はまだ小さく、やっと人の形ができたばかりです。妊娠中期になってはじめてわかる問題も多くありますので、各臓器のつくりなどについてこの時期に詳しく観察することが大切です。

妊娠末期(妊娠28週以降)に行える検査はありますか?

妊娠末期にも、中期と同じ精密超音波検査が受けられます。ゆっくりと時間をかけておなかの赤ちゃんの様子をご覧いただくことができます。

院長・中村靖

東京都千代田区飯田橋1丁目3−2 曙杉館 2階

東西線・半蔵門線・都営新宿線 九段下駅7番出口より徒歩3分、3番出口エスカレーターより徒歩5分

総武線・東西線・有楽町線・南北線・大江戸線 飯田橋駅より徒歩8分

電話番号 03-3221-0333

管理者をフォローする
FMC東京クリニック